せっかく苦労して動画を
YouTubeにアップロードしたけれど
再生回数はたったの3回…

なんて事のないようにしたいですよね。

YouTubeを活用して集客販売するので
あればなおさらです。

きちんと私たちの商品サービスを
必要としている人に動画が
届くようにしておきたもの。

そのためにはYouTubeは単に動画を
アップロードするだけでなく、
ルールに従って最適な設定と導線を
設計していくことが重要です。

それを
YouTubeの最適化
と言います。

YouTubeの最適化とは?

YouTubeの最適化とは、例えば動画の

  • タイトル
  • 説明文
  • タグ

などの設定です。

他にもYouTubeチャンネルの設定や
キーワード設定などなど。

普段何気なく動画を見ていると
気が付きませんがYouTubeは非常に
緻密な設計がされており、

それをするかしないかだけで
成果に大きな影響を与えます。

YouTubeの最適化をするとどうなる?

今回弊社では「動画のタグ設定」を
変更することでどんな変化があるかテストをしました。

結果はこのようになりました。

結果

YouTube最適化の前後で
インプレッションが8.6倍に。

▼対策内容
全動画のタグ設定をおこなった

【対策前】
2018年8月1日~12月31日
月間平均インプレッション:1,842回

 ↓
【対策後】
2019年1月1日~5月31日
月間平均インプレッション:15,800回

[考察] インプレッションとは、自分のサムネイルが
表示された(見られた)回数です。
YouTubeは視聴者の好みにあった動画を
様々な場所に「おすすめ」してくれます。

どれだけ多くの人の目に触れたか?という指標になります。

  • インプレッション数: インプレッションは、YouTube.com で視聴者がトップページ、登録チャンネルのフィード、検索、「次の動画」セクションなどにある動画サムネイルを見たときにカウントされます。このデータはトラフィック ソース別に表示することもできるため、YouTube で動画サムネイルが表示された場所を確認できます。
  • インプレッションのクリック率(CTR): カウントされたインプレッションが視聴に変わった割合、つまり視聴者がサムネイルを見た後に動画をクリックした頻度を表します。

出典:YouTube

YouTubeは手軽だからこそ基本に忠実な設定を

タグ設定を変更したことで
YouTubeが私たちの動画のことを
認識できるようになり、
様々な場所で表示されるようになった、という推測ができます。
数値だけで言えば露出が増えたと言えます。

いやはや、これやっていなかったら…と思うと恐ろしいことです。

今回のテストからは基本設定ですが忘れがちなタグ。
これは必ず設定し、最適化しなければならないと改めて判明しました。
8倍ですからね…。

ぜひあなたのYouTubeの設定も見直してみてください。

インプレッション数や再生回数に惑わされてはいけない

ただし!これには注意が必要です。
私たち中小企業がビジネス用途として
YouTubeを活用するならば
インプレッション数や再生回数だけに惑わされ、
熱狂していては

再生や露出が増えても、それが問合せや購入につながらなければ
何の意味もないからです。

ビジネスYouTubeとユーチューバーさんの違いはここにあります。

集客販売動画は再生回数が10回でも
10人購入してくれたらOKなのです。

逆に何万回再生されようと誰も買ってくれず、問合せも来なければ
意味がありません。

どうしてもYouTubeは
再生回数やインプレッション(露出)に
目が奪われてしまいますが、

私たちは、私たちの商品サービスを
本当に必要としている人に
届けることに全力を尽くすべきなのです。

P.S.
品川動画スタジオでは動画の撮影だけではなく、企業様向けビジネス用YouTubeの構築や動画マーケティングのご相談も承った上で動画制作をさせて頂きます。お問い合わせはコチラ

【無料】企業評価を下げないためのウェビナー運営実践講座 2020/9/29開催