品川動画スタジオ|クスノセ・アンド・カンパニー
From:森正宏

動画はすっかりマーケティングツールの
一角を占めるまでになりました。

もはや我々中小企業も
動画を無視できなくなりましたね。

そして、その傾向はこれからも
増々強くなっていく
ようです。

それを裏付ける動画に関する
データをご紹介致します。

 

2021年までに動画はインターネットの80%以上を占めるようになる(出典:CISCO

 

2021年までに、世界中を駆け巡る
インターネットの情報量のほとんどが
動画に変わっていく

そんな予測がされています。

日本でも
5G(第5世代移動通信システム)
予定されていますね。

まさに大動画時代の本格到来と
言っても良いでしょう。

 

インターネットユーザーのほぼ50%が、店に行く前に商品やサービスに関連する動画を検索します。(出典:ThinkWithGoogle )

昔は「何か買物しようかな?」と思ったら
ウィンドウショッピングだったり
雑誌をめくっていましたよね。

あとは友達から教えてもらうとか。

ところが
動画は新しいウィンドウショッピングに
なった
のです。YouTubeを見ていれば
自分の好みにあった動画がおススメされます。

そうなのです。インターネットの進化は
私たちを家にいながらにして買物ができる
仕組みにしてしまったのです。

 

84%の人が、動画を見た後で商品の購入を確信しました。(出典:Hubspot)

人は二度買物をすると言われます。

一度目は頭の中。
買ったらどうなるか?自分の姿を
想像するとワクワクしますね!

そうやって納得し実際に購入する。
それが二度目です。

つまり、頭の中で一度商品サービスを
使ってみることが購入の決断
なのです。

そして最も想像しやすいのは・・・
パンフレットよりもカタログよりも
もちろん動画、なのです。

商品が動いているところや
使われているところをリアルに
見せることが出来ますから。

動画はPRだけでなく、購入の
後押しすることもできるのです。

 

消費者の79%はテキストより動画で製品について知りたいと考えています。(出典:Hubspot)

そして最後に、
顧客は何か購入したい商品があるとき、
文字ではなく動画で知りたい
のです。


文字で説明されるより、動画で
見れば一発で理解できますから。

 

もう既にこんなデータがあるほど、
動画は顧客にとって重要な情報源であり
決断する材料であり、説明書
なのです。

 

消費者の79%が動画で知りたいという今。
もし動画を使わないということは、
残りの21%でビジネスをすること
になります。

 

私たち中小企業にとって動画は
『した方が良いもの』から
『しないといけないもの』
変わってきているのかも知れませんね。

P.s.
動画を社内に取り入れたいけれど、
どう活用していけば良いか分からない…。

そんな企業担当者様のために
無料の動画活用相談会
定期的に開催しています。

実際の撮影機材を見ながらお話し
できるので、具体的な撮影方法や
編集方法もイメージができます。

お問合せフォームからの
「下見希望」を選択頂ければ
次回日程をご連絡させて頂きます。

お問合せやご相談はこちら